FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスベガス・ブライスキャニオン旅行(2日目:ラスベガス~ザイオン~ブライスキャニオン)

ドン、ドン、ドン、ドン!
 
ホテルの部屋のドアを叩く鈍い音で目が覚める。
時刻は朝の四時半。
 
「隣の部屋をノックしているのだろう・・・」
と眠りにつこうとすると、今度は電話のベルが。
 
仕方がないので受話器を取る。
「フロントです。xxさんですか?伺いたいことがあるので今すぐドアを開けてください」
 
何なんだ、こんな時間に。
わけが分からないが、とりあえずドアを開けると・・・。
 

ホテルの係員2名とセキュリティ3人が。
 
セキュリティ:「Are you xx?」
私:「Yes. I'm××...」
 
何か悪いことしたっけ??
これってこのまま逮捕されて、連行されて・・・。
もう終わりか・・・。
 
セ:「お前、デビッドをかくまっているだろ?」
私:「は?」
セ:「お前の部屋にいることは分かっている」
私:「何言ってるの?見ての通り単なる日本人観光客だよ。そんなことするわけない。」
セ:「いいから部屋を見せなさい!」
私:「じゃあ、チェックしてみろよ」
 
こんな感じのやり取りがあり、懐中電燈を持ったセキュリティが
私の部屋をくまなく捜す。
デビッドなんているわけないでしょう・・・。
そもそもデビッドで誰やねん。
 
デビッドがいないことが分かると、セキュリティは、
セ:「Thank you for your cooperation」
と言って、手を差し出してきました。
 
私は寝ぼけ+動転していたので、わけもわからず握手。
 
一体なんだったのでしょうか?
人生で一番目がパッチリ覚めた四時半でした。
 
ショッキングな朝だったので、もうガッツリ食べて嫌なことを忘れようと思い
「IHOP」で朝食。
IMG_8032
 
そしてザイオン国立公園へ。
IMG_8081
 
ゲートをくぐるといきなり鹿!
鹿がとおり過ぎるのを待ちます。
IMG_8062
 
目の前に絶壁。
IMG_8065
 
赤茶色と真っ白な雪が見事に調和していていて素敵です。
IMG_8072
 
今度は鹿のファミリー。
IMG_8089
 
ザイオンをざっと見て、ブライスキャニオンへ向かいます。
IMG_8099
 
ブライスキャニオンに行く途中、雲行きが怪しくなり、ついに降雪。
見晴らしはかなり悪くなり、すごい勢いで雪が降ってきます。
もはやこれまでか、と半分あきらめ気味になる。
 
到着する直前から、天候は一気に変わり雪が止む。
そして目の前にブライスキャニオンが拡がる。
IMG_8164
 
IMG_8169
 
IMG_8178
 
日が暮れる。
次第に影が岩山を飲み込んでいく。
IMG_8205
 
DSC07990
 
DSC08030
 
マオマオと共に。
.
 
奇跡的に天気が良くなりました。
IMG_8248
 
夕食はホテル併設のレストランにて。
IMG_8258
 
ここがかなりの当たり。
スープとステーキ、美味しかったなぁ。
IMG_8272
 
おまけ。
IMG_8259

宿泊したホテルはこちら。
「Best Western Bryce Canyon Grand Hotel」30 North 100 East Bryce Canyon City (Utah), UT 84764
IMG_8251
 
IMG_8254
 
IMG_8280
 
IMG_8282
<<
 
Zion and Bryce Canion, UT, U.S.A.
Canon EOS Kiss X3 / 10-22mm F3.5-4.5 USM, EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2018/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Translation
プロフィール

Toshi

Author:Toshi

カウンター
月別アーカイブ
コメント
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。